葦名の命運を賭け弦一郎&一心と最後の決戦!!【SEKIRO配信後記】

スポンサーリンク
SEKIRO

三ヶ月ぐらい配信してきたSEKIROも今回で最終回ラスボスが衝撃的な登場で隻狼の前に立ちはだかります。

仙郷で桜竜から竜の涙を拝涙してあとは九朗様と合流して不死断ちあるのみ・・・

スポンサーリンク

葦名弦一郎を倒すも・・・

抜け穴から九朗様の元へ駆けつけると弦一郎に切られて九朗様が瀕死、何が何でも葦名を守りたい弦一郎は黒い不死斬りを構えますが九朗様を守るために隻狼も刀を構える。

そういえば生前の一心が黒い不死斬りが存在する事を呟いてましたがまさか弦一郎が持っていたとは手段を選ばず葦名を守ろうとする弦一郎の執念は恐ろしいものです・・・

絵になりますな

葦名城の天守閣で戦った時は弓を絡めながら攻めてきましたが今回は不死斬りの射程長めな斬撃と弓を組み合わせHPを削ってくる弦一郎。

いつも通りガードしながら地形を利用したり攻撃後の隙をついてHPを0まで削ろうと試みるも中々倒せず勝機を見いだせない隻狼。

地の利を得れるか・・・

何回か挑んで行くと今まで通りHPを全て削らずとも半分ぐらい削ったら一文字や大きく振りかぶる攻撃をタイミングよくガードし弾いたり要は体幹を全て削れば忍殺出来るっぽいので狙うは体幹。

なんとなくコツを掴んで一文字連打&弾きで体幹ゲージを蓄積し忍殺、前とは違い隻狼にも不死斬りがあるのでたぶん復活は出来ないはずですが果たして・・・

死から帰還する弦一郎もついに忍殺

変若水でタフになった弦一郎を忍殺すると弦一郎の体の中から若返った葦名一心が出てきて!?一心とボス戦の衝撃の展開!!

一心が何故若返って弦一郎の中から出てきたのか何を使ったのか混乱のまま一心との対決、破戒僧と同じく三回忍殺しなければ倒せず隻狼だけではなくボスも強くなっていきます。

一心を倒しエンディング

弦一郎をリリースして一心を墓地から特殊召喚

主人公含めて殺しても蘇るアンデッド族が多い死にゲーで病に倒れた一心も不屈の執念で蘇り葦名を守る弦一郎の意思を背負い隻狼に襲い掛かる!

一回戦は一文字や射程が長い斬撃を放ってくるも慎重に攻撃を受けながら忍殺、二回戦以降は槍を振り回してくるもダッシュして距離を取り隙をついて攻撃していき長期戦の末に忍殺!!

最後の不死斬り

一心を倒すも瀕死の九朗様は既に助からず桜竜の涙を飲ませ不死斬りで介錯して九朗様が死んでしまうも不死断ち成功。

最後は主を失った隻狼が義手を外し新たな仏師に就任しスタッフロールが流れてエンディング、四種類ある内の隻狼ではなく九朗様が死ぬルートでSEKIROクリア!!

九朗様の犠牲により不死断ち達成

感想

4月ぐらいまで長引き終盤早くクリアしたい気持ちに駆られ焦ると思ってましたがダークソウル3の時よりはDLCが無かった分SEKIROはちょうどいいタイミングでエンディングに到達出来て満足。

まだ梟や鬼が残ってますがあれらを倒すのは実力不足でまた苦戦しそうなのでダークソウル3のボスと同じく今回も挑んでいませんがなんとか一心を倒しスタッフロールを見る事が出来ました!

SEKIRO完!!

次回はクリアまで一か月以上かかりそうなまた長期シリーズになりそうですが忍者が出てくるかもしれないサイバーダークな世界でエンディング目指します!!

タイトルとURLをコピーしました