【エピソード7:クリフォード】クリフォードとは何者?【デススト配信後記】

スポンサーリンク
ゲーム

前回に引き続きデッドマンにBBの修理を任せながらプレッパーズに荷物を運び今回でエピソード6をクリア、エピソード7クリフォードに到達し戦場で再び謎の男と戦います!

スポンサーリンク

荷物を全て運び終えるも嵐に遭遇

カメラマンからの依頼でデスストランディングに関わる何かが映ったカメラをテロリストから回収する為にマウンテンノットシティからトラックに乗り出勤。

テロリストの縄張りに近づきトラックでカメラを持ってるテロリストを轢いて倒そうとするもカメラが破損し一回目は依頼失敗・・・今度は徒歩で縄張りへ潜入しポーラガンでテロリストを拘束!カメラを奪還し銃弾を浴びながらカメラマンの元へ急いで帰還、納品しカイラル通信を接続!!

カメラマンもUCAの勢力圏に加入

ブリッジズに属する研究家のハートマンによるとカメラに写ってた壁画の内容から三万年前の古代の地球でもデスストランディングという現象が発生していた可能性が判明!

随分と昔の世界からBTという存在が認識され過去にもデスストランディングが起きていたとは驚きですが・・・ただ物を運びカイラル通信を繋ぐ配達、アメリカ復興計画が世界の謎を紐解いていきこれからのストーリ展開も気になりますね。

大昔にもデスストランディングが!?

デスストランディングの解明にハートマンの研究所までカイラル通信を繋ぎたい所ですがまずは登山家からの依頼でスピリチュアリストへ手形がついた石を運びカイラル通信を接続完了。

これでマウンテンノット周辺のプレッパーズ全てに通信を繋ぎましたがここでBBの起動テスト中に嵐に遭遇し立ち往生してるデッドマンから救助の依頼が舞い込み早速デッドマンが避難している山小屋に向かいますがサムの行く手には吹雪が吹き荒れ巨大な嵐が・・・!!

視界不良の中マーカーを辿りデッドマンの元へ

嵐に吸い込まれ再び過去の戦場へ

エピソード4アンガーでも竜巻に巻き込まれ過去の世界の戦場へタイムスリップしてしまいましたが今回はデッドマンと一緒に嵐に吸い込まれ第二次世界大戦の東欧へ飛ばされてしまうサム。

銃弾が飛び交う戦場を走り回り地下水道からBBを持ってるデッドマンと合流、ようやく修理を終えた『ルー』と名付けたBBがサムの手元に戻ってきましたがエピソード4で戦った謎の男がBBを狙いサムに襲い掛かる!!

四人の兵士を操る謎のコマンダー・・・一体何者??

拾ったアサルトライフルでエピソード4以来の銃撃戦!以前の塹壕戦とは違い今回は市街地の戦場で護衛の兵士を倒しながら謎の男へダメージを与えていき撃破!!

がしかし倒されてもなおBBを奪い取るべくサムに襲い掛かる謎の男・・・首にかけてたドッグタグを引き剝がすと謎の男にまたもや抱き着かれデッドマンと共に現代へ無事に帰還。

そしてデッドマンによりサムは10年前に生まれてくるはずだった『ルー』と名付けた赤ん坊と妻のルーシーを対消滅で街ごと失い世間の非難を浴び責任を感じブリッジズを脱退した事が明らかに。

死亡してしまった自分の子供の名前をBBに名付けていたサムの過去が判明

更にデッドマンは多能性幹細胞と死体の臓器を組み合わせて作られた人間である事、サムが戦場で謎の男から引き剝がしたドッグタグから謎の男の名前がクリフォードアンガーであり昔のアメリカで陸軍特殊部隊に所属していた軍人である事も明らかになり作中の謎が少し解明されました。

だがしかし、クリフォードアンガーがDS以前の世界の人間ならば何故BBのフラッシュバックに?まさかクリフォードアンガーはDSが起こる前のアメリカ政府のBB計画に深く関わっていた??

謎の男はイラクやアフガニスタンで作戦に参加した軍人で名前はクリフォードアンガー

感想

BBがサムの元へ帰ってきてBTの姿が確認可能になり一安心。ですがBBに執着し戦場に捕らわれているクリフォードアンガーが過去の世界の軍人でフラッシュバックによりどうやらダイハードマンとも関わりがあるみたいで謎が深まります。

さて、次回からはデスストランディングの謎を解明する為にまだカイラル通信が繋がってないハートマンに会いにいきます。

タイトルとURLをコピーしました