【十四章 伝承】春日一番VS堂島の龍!!【龍が如く7配信後記】

スポンサーリンク
ゲーム
前回までのあらすじ

今まで八章の横浜流氓幹部、馬淵十二章で戦った真島&冴島など幾多の強敵が立ちはだかってきましたがなんと今回は龍が如くの前主人公と現主人公がぶつかり合います!

前回の十三章では近江連合が解散し沢城と決着をつけましたが十四章では荒川組長を失った春日一番は怒りに飲まれ遂にブチギレ!一体どうなってしまうのか!?

スポンサーリンク

久米に会いに行くも・・・

実の父親かもしれない荒川組長と今まで度々助けてくれた星野会長を失ってしまい怒りに燃える春日一番は青木都知事に会う為に選挙戦関係なく直接久米に会いにブリーチジャパンの事務所へ

しかし事務所はもぬけの殻・・・襲ってきた近江連合を力ずくで脅し久米の居場所を吐かせようとする春日一番。

暴力で解決しようとするブちぎれた春日一番

これまではお得意の話術で情報を聞き出したり相手を負かしてきた一番ですが青木都知事、荒川真斗に対して怒りでいっぱい頭に血が上り激おこぷんぷん丸!

情報を吐いた近江連合によると久米は警備の増強を都知事に頼みに神室町へ向かったとのこと。

異人町には久米はいないので神室町に向かうべきだと思いますがひたすら近江連合の組員を殴り続ける暴走気味の春日一番を見かねて前回でも登場した桐生一馬が現れ一番を制止。

最強の通りすがり

苦戦するも桐生を撃破

桐生一馬は青木都知事が異人町でまたなにかやらかす計画がある事を知っているらしく桐生から情報を得ようとする春日一番。

しかし暴走している春日に対して桐生は簡単には情報を教えてくれないようで春日はますます怒り狂ってしまいます。

九章にて訪れたコミジュル本部で話があると言い残し去っていく桐生一馬は中々情報を教えてくれずじらし続けますがこれは明らかに龍が如くシリーズ最強キャラの一人である桐生と戦う流れでしょう・・・

夜になり早速コミジュル本部に駆けつけると案の定待ち構えていた桐生一馬と戦闘へ!!

拳で語るタイプの桐生と戦闘!?

仲間を率いる勇者の春日一番は敵を説得したり言いくるめたり話が上手い感じの主人公だと思いますが桐生一馬は自分一人の拳で解決するタイプらしいですが・・・

レベル49の春日一番に対し桐生はレベル57とかなりのレベル差をつけられてしまい七章でハンジュンギに有効だった回復アイテムによるゴリ押しを試みますが初戦は回復アイテムが尽きてしまい負けてしまいました。

この後春日一番が倒れゲームオーバー・・・

ラッシュスタイル、壊し屋スタイルと戦い方を変えてくる桐生にレベルが足りず苦戦してしまいますが女性には攻撃してこない桐生の性格を利用してさっちゃんと一番製菓の従業員のえりちゃんを攻撃要員に、春日と足立さんで囮になり二回戦に突入!

二回戦も負けてしまうも諦めずに三回戦!回復アイテムで春日が死なないように援護しながらえりちゃんのナイフ攻撃で地道に削っていき30分の長期戦を制し見事勝利ッ!!

ありがとうえりちゃんとさっちゃん!!

感想

レベル差を回復アイテムで補う持久戦が成功して良かったですがいつか過去作の龍が如くも遊んで桐生一馬の物語も記事として残したいですね。

さて次回は青木都知事が異人町に何をしでかすのか?十四章はまだまだ続きます。

タイトルとURLをコピーしました