【十二章 極道の終焉】300万円欲しい!【龍が如く7】

スポンサーリンク
ゲーム
前回までの龍が如く7

一番製菓の社長としてブラック企業から横浜のトップ企業まで成りあがる経営シュミレーションが始まりますよ!

11章では青木都知事に対抗する為に選挙で勝つ作戦を異人三と共に練りましたが今回は選挙に立候補するのに必要な供託金、総額なんと300万!もの大金を集める目的も兼ねて一番製菓を立て直していきます・・・!!

スポンサーリンク

株主総会と営業で一番製菓を100位に

春日一番がなぜ煎餅会社の社長なのか事の発端は五章で潰れかけていた一番製菓を春日一番は放っておけず社長に就任・・・

しかし今までメインストーリーを進めて会社の事は完全に放置していましたがストーリーを進めるには300万を集める必要があるのでまずは購入した物件に従業員を配置し営業を繰り返し会社の利益を上げていきます。

営業を重ねて金を獲得

営業を4回終えると今度は株主総会が始まり怒れる株主を営業や研修などで育て上げた従業員を使い説得し支持率を上げ制限時間内に株主全員の説得を試みます。

物件に投資して営業での利益を上げるのも重要ですが従業員のレベル上げを疎かにすると株主を説き伏せる事が困難になってしまいますが春日一番のスキルである土下座も駆使して株主の説得に成功!

株主への属性相性や従業員の発言コストとHPを上手くやりくりしながら株主のHPを減らします

株主の説得に成功すると一番製菓の株価ランクが上がりランクが上がると春日一番の所持金に金が支給され一定のランクまでのし上がると会社の肩書も変化!

株価ランキング160位でブラック企業の肩書を背負わされた一番製菓も一位を目指し営業と株主総会を繰り返し100位の中小企業までなんとかランクアップ出来ました。

目指せ!一番!!

ニック尾形の出資も受け50位を目指す

春日一番が社長に就任した頃に一番製菓に多額の金を出資してくれたニック尾形なる投資家から連絡があり更に出資金を与える代わりに次は指定期限内に株価ランキング50位、中堅企業を目指せと言われ更にやる気と希望が沸いてきました!

中小企業を・・・全力で応援したいニック尾形

だがしかし・・・横浜のトップの座に君臨するライバル企業達も黙ってはおらず一番製菓に妨害を仕掛けてくる可能性が濃厚になり扱える金の額や利益も上がった中小企業の一番製菓、これからの会社経営はもっと難易度が上がり厳しくなりそうです。

どこかのオフィスで暗躍する謎の人物・・・ライバル企業が一番製菓を潰す計画を練っています

株価ランキング50位を目指して研修で従業員のレベルを上げ物件へ投資しサービス向上や知名度をアップして売り上げも強化!

購入出来る物件も4つまで増加し町工場や書店等の物件を購入!従業員も新たに雇い配置して会社の規模が大きく利益も上がり順調に株価ランクを上げていく一番製菓。

金こそが全て

感想

今回から始まりました一番製菓の成り上がり経営シュミレーション

まずは堅実に中小企業までのし上がってきましたがこれから300万を手に入れる為にもっともっと株価ランキングを上げて横浜で一番の大企業一番ホールディングスを目指して次回も会社経営していきます

タイトルとURLをコピーしました