【十一章 喧嘩の勝算】趙が仲間に加入した!【龍が如く7配信後記】

スポンサーリンク
ゲーム
果たして一番は喧嘩で勝てるのか第十一章!!

東京を牛耳る青木都知事こと荒川真斗は荻久保の後釜として政界の重要な役職についた自身の権力を誇示する名目で異人町に狙いを定める!

横浜流氓のトップ、趙を助けた前回の十章から今回は趙が仲間になり遂に春日と荒川真斗が再会する十一章を進めて行こうと思います。

スポンサーリンク

趙が仲間に加入し荒川真斗と再会

十一章が始まって早々に青木都知事が政界の重要な役職に就任し総選挙が行われる事がテレビで流れた後に異人町のグレーゾーンで起こる抗争を偽札ビジネスで解決してきた荻久保の元へ青木都知事が沢城を連れて面会。

ブリーチジャパンの構成員を全国で選挙に出馬させ勢力を広げる青木が荻久保に挑発し悪役ぶりを発揮します。

ブリーチジャパンと警察、更に近江連合を操る無敵の都知事が病に倒れる荻久保を見下す

場面は変わってアジトのバーで仲間と共にこれからの事を話し合う春日一番。そこに横浜流氓の元総帥の趙が訪れなんと仲間に加わってくれます!

コミジュルのハンジュンギが仲間になったばかりですがまた戦力を補充出来て頼もしい限りです!!

コミジュルの参謀に加え流氓の元総帥・・・趙も仲間に!!

六人目の仲間が増えた所で青木都知事が異人町にシェルターを設置し三章の違法な風俗で働いていた不法滞在者に対してビザを発行したり意外とまともな政策を実行し町の住民からも支持されている事が判明・・・

更に表向きはコミジュルが偽札を製造してる工場を燃やした際に死亡したとされてるブリーチジャパンのトップ、小笠原の葬儀に青木都知事が異人町に訪れてる事も判明し早速会いに葬儀場へ。

が葬儀場に入れず接触出来なかったので先回りして地下駐車場に回り込み19年ぶりに青木こと荒川真斗と春日が再会!?

19年ぶりの再会した春日に対し荒川真斗ではなく青木都知事として対応

都知事の仮面を被った荒川真斗に四章で訪れたソープランドに一人で来いと告げられ動揺する春日一番。

約束通り仲間を置いて一人でソープランドに赴き都知事ではなく素の荒川真斗と再会、一章にて春日が沢城の代わりではなく本当は坂下組の組員を殺した真斗の為に出頭した真実が明かされます。

人を殺した真斗が都知事になり身代わりの春日一番はどん底に・・・

近江連合に小笠原を殺させた事を春日に打ち明け命を助ける代わりに異人町に関わるなと忠告されてしまいます。

しかしここで引きさがる訳にはいかない春日一番は二章で対峙した沢城が率いる手下に殺されそうになりますが頼れる仲間達に助けられ危機を脱します。

身だしなみに気を使う沢城とはまだ戦えないようです

翌日になり中華料理店で趙が作った中華料理を堪能しながら話し合う星龍会の会長である星野会長と流氓&コミジュルの参謀を兼任するソンヒそして春日一番。

選挙で青木都知事が推薦するブリーチジャパンの候補者をなんとか蹴落とす為にこちらも誰か立候補させる事になりとりあえず春日一番は選挙に必要な金・・・300万を急遽集める事に!!

仲良し四人組

感想

かつて春日一番に敵対していた星龍会やコミジュルそれに横浜流氓が味方になってくれるのは非常にありがたいですが相手は現都知事で政界の重鎮に君臨した青木都知事・・・

強大すぎる敵にどう立ち向かっていくのか気になりますが次回は一番製菓を使い金を稼ぎます!!

タイトルとURLをコピーしました