【八章 漂泊の裏側】レベルが違うんだよ・・・【龍が如く7配信後記】

スポンサーリンク
ゲーム
異人三が一堂に会する八章!!

7章でハンジュンギとの死闘を回復アイテムに頼り乗り越えましたが今回の八章では更に手強い敵が現れ龍が如く7で初めての挫折を味わいます・・・

今思えばエンカウントを避けてレベル上げをサボっていたからハンジュンギにもレベルで差をつけられてしまった感じですがいつかダンジョンに潜ってレベル上げに勤しみたいです。

スポンサーリンク

異人三から町の過去を聞き出しブリーチジャパンへ

コミジュルの魔の手から難波を逃がしコミジュルから会わせたい人がいると告げられた春日一番はまず難波がどこに逃げたか手がかりを探す為に3章で訪れたホームレスが集う公園に足を運ぶ事に。

その前にハンジュンギみたいなレベルが離れてるボス戦に突入してもレベル差をアイテムで補う必要があるので異人町を駆け巡り回復アイテムを蓄え準備万端。

おらが村納豆30パックにC.C.レモンとレインボーマウンテンの力、お借りします

万全の体制が整ったので公園に向かい難波が住んでいた段ボールハウスからノートパソコンを見つけ起動。

すると難波の弟が書いていた偽札に関する記事を発見。どうやら荻久保という政治家もコミジュルの偽札と関わり50年以上前から異人町で偽札が作られてる噂が立っていたようで思ってたよりも偽札ビジネスの根は深く厄介な事になりそうです。

一番達はとんでもない事に首を突っ込んでしまってるような

難波がどこにいったかの手がかりは入手出来ずコミジュルと待ち合わせている中華料理店に向かうと今度は横浜流氓の総帥の趙とコミジュル総帥のソンヒ、それに4章で話し合いに殴りこんだ星龍会の会長の星野龍平と横浜を支配する異人三のトップが会談を行ってる場に連れていかれます。

星野龍平の話によると戦後の横浜の異人町で争いあっていた星龍会と横浜流氓に荻久保が偽札ビジネスを提案し星龍会と流氓は偽札ビジネスで儲かり荻久保は警察を買収し異人町の一角に外部が干渉出来ないグレーゾーンを作ったりコミジュルに偽札の製造を任せた異人町の監視を指示しながら稼いだ金で政治家のトップに。

星龍会と流氓とコミジュル、それに荻久保は密接に偽札ビジネスで繋がってるようです。

政治家とヤクザやマフィアが結託して異人町は東城会や近江の影響を受けない肉の壁を構成

これまでの異人町がどう発展してきたか聞かされるも偽札に関する情報を持ってる難波を異人三から助けたい春日一番。

異人三のトップ三人と話し合うもまずは流氓が放った刺客から難波を守り異人三トップ三人の元へ連れてくる為にコミジュルの情報網から難波の居場所を教えて貰うと難波はブリーチジャパンに避難してる事が判明。

ブリーチジャパンとは五章でひと悶着ありましたが今回は難波を匿い味方になってくれてるようなので早速ブリーチジャパンの本拠地に向かうとブリーチジャパン代表の小笠原に匿われてる難波に再会!

勇者パーティーには難波のような魔法使いが必要なんです

馬淵に挑むもレベルが足りず敗北

ブリーチジャパンに匿われている難波に逃げるように促す春日一番達の元へ小笠原に呼び出され馬淵が登場!?横浜流氓の馬淵が何故ブリーチジャパンに味方を??

難波はブリーチジャパンについていき春日一番は店長を殺し星龍会との抗争の火種に利用された因縁の馬淵と遂に戦闘!!

三国無双に登場しそうな横浜流氓の参謀!馬淵・・・!!

いざ戦うと馬淵のレベルが25、対する一番達は三人共にレベル20とレベルの差がつきすぎて不安ですが先程購入したおらが村納豆でHPを回復しながらハンジュンギ戦と同じくアイテムを使いゴリ押ししようとしますが・・・

回復アイテムをやりくりしながら馬淵のHPを半分ぐらいまで減らすと赤いオーラを纏い馬淵の攻撃パターンが変化!

高すぎる攻撃力になすすべもなくゲームオーバーになってしまいここにきてレベルが足りず馬淵が倒せないのでストーリが進行不能になってしまいました。

強くなって出直してきます・・・

感想

ハンジュンギには通用した回復アイテムに頼る戦法が馬淵には通じずレベル不足を痛感しました。

金も稼いで上質な装備品を購入するにも次回は6章で脱出した地下ダンジョンに再び赴き金と経験値を稼いできます!!

タイトルとURLをコピーしました