【五章 流氓の男】横濱貿易と一番製菓、金と金【龍が如く7配信後記】

スポンサーリンク
ゲーム

四章では星龍会に殴り込みにいきましたが続く五章では春日一番が倒産しかけている煎餅会社の社長になりつつも中華マフィアの横浜流氓との因縁にケリをつけに正体不明の幹部で店長を殺した実行犯である可能性が高い馬淵を追います。

スポンサーリンク

下っ端を脅しバイトで金稼ぎ

馬淵の情報を入手する為に観光地ではなく異人街の寂れた中華街を訪れた春日一番一行。

住民から話を聞こうとしますが横浜流氓の名前を出しただけで怯えて逃げていき中々思うように馬淵の情報を聞き出せず・・・

そこで紗栄子の力を借りて中華街のキャバクラに潜入し3章でホームレスから金を巻き上げて稼いでいたチンピラを脅して馬淵について知ってる情報を吐かせる事に

春日お得意の話術と拳による説得で情報を聞き出します

暴力と言葉を使ったお願いに屈したチンピラによると馬淵の事は流氓の下っ端でも誰も何も知らずに組織内部の人間にも完全に情報が遮断され手がかりが掴みずらいようで今回の相手も結構やり手で頭が回り手強そうです。

なんとしても店長の仇を取る為にチンピラに教えて貰った馬淵が経営している貿易会社、横濱貿易公司の倉庫にバイトとして潜入し金を稼ぐと共に馬淵の情報を探る事になった一番達。

金の匂いを察知!!

一旦家である飲食店に戻り四人仲良く酒を飲み絆を深め翌日になると紗栄子以外見事に二日酔いに陥りながらもハローワークに向かい倉庫の仕事を斡旋して貰います。

ついでに春日一番のジョブをバットを振り回す勇者からステゴロで戦うフリーターに転職、難波もホームレスから敵に危険物をお見舞いする料理人に転職させたかったですがレベルが足りず断念・・・

ランクを上げるとジャーマンスープレックスを習得出来るらしいので楽しみですね

電車に乗り倉庫で積み荷を降ろす重労働と訪れた客に金を渡す事務をこなしながら隙を見て積み荷の中身をチラ見してみますが中華料理に使う高級食材と無地の紙が大量に入ってるだけで特に不審な点や気になる点は見つからずバイト初日は終了。

しかし紗栄子の調べにより貿易会社は一万円で仕入れた商品を一万円で売るという不可解な商売をしてる事が判明、星龍会の縄張りでソープランドの店長を殺したりとますます横浜流氓の目的が分からず謎が深まるばかりですね。

偽札でも作ってたりして・・・

ブリーチジャパンを撃退し煎餅屋の社長に就任

特に収穫は無く閉店したソープランドで夜を明かし翌日、ブリーチジャパンのデモ行進で目が覚めた春日達は死んだ店長を馬鹿にし挑発してくるブリーチジャパンの偉い人に堪忍袋の緒が切れる!

バットを持って臨戦態勢のブリーチジャパンの敵と戦いになるも拳で制し撃退!!街の住人からも感謝されひとまずハッピーエンド的な雰囲気が漂いますがまだまだ都知事の息がかかってるブリーチジャパンとの抗争は続きそうです。

関係ねぇ!俺が法律だッ!!

一件落着し夜になりソープランドに戻ってくると店の前で店長の名を呼ぶ見知らぬ女性が・・・

話を伺うとどうやら女性の正体は詐欺師に騙されて倒産寸前の煎餅屋、一番製菓の社長でソープランドの店長に社長の座を譲る話をしに訪れたようですが店長は既に殺され万事休す!

困ってる人を放っておけない春日一番は煎餅屋を救いたい一心で社長に立候補!会社を経営するのは大変な事なので他の仲間は無関係を装い春日一人による一番製菓の快進撃が始まります!!

よっ!春日社長!!

感想

馬淵の正体を追う五章の中盤でブリーチジャパンや煎餅屋が関わってきてやりこみ要素が増えて更に面白くなってきましたがまずは店長を殺した横浜流氓と対峙する事を目的にメインストーリー中心でこれからも進めていきます。

次の記事にて煎餅屋の社長として業務をこなしつつも五章を駆け抜けます!!

タイトルとURLをコピーしました