【第二章 血の再会】神室町3K作戦とは【龍が如く7配信後記】

スポンサーリンク
ゲーム
感想の再会なるか!?

前回から始まりました龍が如く7!主人公は荒川組の春日一番で第一章では慕ってる荒川組長に頼まれやってもいない殺しの罪で15年の懲役を下され刑務所へ・・・

今回の第二章は刑務所から刑期を終え出所した一番の前に現れた謎の刑事の助太刀を借り組長の元へ、しかし近江連合の魔の手が迫る!!

スポンサーリンク

18年ぶりに神室町へ

坂木組の組員を殺してしまった沢城の罪を背負い殺人で懲役15年の判決!長い期間を刑務所で過ごす事になってしまった春日一番ですが刑務所内でトラブルを引き起こし刑期が3年も延びてしまって2019年にようやく出所!!

だがしかし、出所したばかりの春日一番を荒川組長含め誰も向かいに来ず。

長かった檻の中での生活も組長が書いた直筆の手紙があったからこそ堪えられたのでさっそく荒川組長に会いに行こうとしますが突然現れた謎の定年間近の刑事に話しかけられます.

CV大塚明夫

足立と名乗る刑事は春日一番に用があるらしく無視して美容室で髪型を整えた後に沢城が射殺してしまった組員の墓参りに忙しい春日一番に勝手についてくる刑事。

墓参りを終えた一番でしたがそこに大勢のヤクザを連れ墓参りにきた荒川組長を発見します!

組長に接触しようと試みますが関西弁を喋る荒川組の組員に妨害され拳銃で撃たれそうになるも足立に助けられ組長に挨拶する事は叶わず・・・

近江連合!?

足立の話では荒川組長は関西のヤクザである近江連合の偉い人の墓参りに来ていたらしく納得いかない春日一番を連れて高速を走って横浜へ向かおうとする足立。

神室町は2年前新たに就任した都知事の政策、神室町3K作戦により警察に東城会内部の情報を流した荒川組以外の東城会のヤクザは徹底的に排除され街は近江連合に乗っ取られてしまったようです

食わせない 稼がせない 居住させない 

どうしても納得のいかない春日一番、足立を置いて単身で神室町に乗り込みますが近江の荒川組の組員に見つかり追われる事態。

各地でヤクザとエンカウントして戦闘しレベルを上げつつ2000年大晦日に訪れたたばこ屋や廃墟になった桃源郷を訪れ裏ビデオを売ってたチンピラに会いに行き話を聞くも近江連合に街を乗っ取られた事実は変わらず。

仕方ないので警察と荒川組の繋がりを暴こうとする足立の捜査に協力して組長に会う事に。

なんで裏切ったんですか?

中華料理店で沢城を倒し組長と対峙

足立が仲間に加わり近江連合の会合が行われてる中華料理店に殴りこみに地下の下水道、というより敵が蔓延るダンジョンを通って組長の元に向かいます。

組長がいる中華料理店は2000年の大晦日に春日一番と組長が北京ダックを食べようとするも閉店していた店で偶然にしては少し怪しく途中で足立と別れた一番が来るのを予測していたように沢城が待ち伏せ!しばしの会話の後に作中初めてのボス戦へ!!

説得は通じなさそうなので渾身パンチを叩きこみます

レベル6の春日に対して沢城はレベル8。レベルの差があり刃物を使って切りつけてきますが怯まずにメンタルポイントと呼ばれるMPを空にするまで魔法ではなく極技の渾身パンチで殴り飛ばし続け沢城を倒す事に成功!!

そして会合に乱入し遂に18年ぶりに荒川組長と対面ッ!しかし組長に拳銃を突き付けられ画面がブラックアウトするなか銃声が鳴り響き春日一番が撃たれた!?場面で二章が終了

出所してすぐの死刑宣告

感想

18年間の刑務所生活を満了しようやく信頼していた親代わりの荒川組長に出会えたと思ったら今度はいきなり死んでくれと頼まれ再び逆境に立たされる春日一番・・・無慈悲に凶弾に倒れ一体どうなってしまうのか?

舞台は神室町から横浜に変わり次回は第三章です!!

タイトルとURLをコピーしました