レオン表編完結!!【バイオハザードRE2配信後記】

スポンサーリンク
ゲーム

エイダを救出する為チェスの駒を模したプラグを集めGを撃退した前回の記事からの続きです。

スポンサーリンク

エイダを救出し研究所を探索

G第二形態をコンテナで押し出して難を逃れた後にレバーを操作し分厚い扉を開けた先でエイダと無事に合流。

エイダの足に刺さってる破片を抜いてあげてケーブルカーに乗りGウイルスがある研究所のNESTへ途中ケーブルカーの中でレオンとエイダが良い感じに繋がりそうな雰囲気になりますが二人のたどり着く結末やいかに??

やった、やったよ~ Ah~

エイダの話によるとFBIに証拠を突き出してアンブレラを壊滅させることが出来るらしいのでケーブルカー内にエイダを残してレオン一人でGウイルスを探しに研究所を探索します。

研究所内でいつも通りゾンビに襲われながらもGウイルスがあるウエストエリアまで到達する為にエイダから渡された鍵の代わりになるリストタグの権限を上げていきます。

なんかよくわからないけれど近未来的な凄いデザインの研究所ですね

アップグレードチップを見つけてリストタグの権限を上級職員まで上げる必要があるのでまずはイーストエリアに向かってみます。

イーストエリアでは温室で巨大な植物のプラント43を育てていたみたいでプラントを枯らすのに必要な枯死剤を作る必要があります。

実験室で空のカートリッジに薬液を注入して端末にパスワードやら入力して電源を復旧したり色々やった後に作った薬液を冷却し枯死剤が完成!温室に散布してプラント43を枯らせ温室内の研究員の死体から上級職員用のチップを入手・・・と同時に窓ガラスを拳で豪快に割りタイラントが乱入!

身長3メートル、肌はグレーのスキンヘッドで筋肉モリモリマッチョマンの変態だ

タイラントからウエストエリアまで逃げきって実験室でGウイルスを入手。すると研究所が閉鎖され研究所の自己破壊コードが実行されるというアナウンスが響き渡り嫌な予感がするのでエイダの元に向かいます・・・

がしかし帰り道でG第三形態による奇襲を受け万事休す!と思いきやアネットバーキンが特殊な弾を撃ち込みGを冷却、話を聞くとGの正体は自らにGウイルスを投与したウイリアムバーキンの成れの果て!

冷却弾では一時的にGの動きを止められるだけですぐに解凍されてしまいGによって投げ飛ばされたアネットバーキンによりレオンとGの一騎打ちの場がセッティングされます。

対峙するG

以前地下施設でGと戦った時はハンドガンとショットガンを活用して切り抜けましたが今度のGは前よりもタフになっておりこちらも火炎放射器を投入して全弾をGにぶつけます!

周りにある柱をダイナミックに投げてきて非常に危険な相手ですが弱点の目玉を攻撃し続けGを撃破!!

もっと燃えるがいいや!!

タイラントを倒してエンディング!

Gを倒した後にアネットバーキンからエイダがFBIではなく産業スパイである事を告げられた後エイダと再会、しかし研究所の崩壊に伴う揺れに巻き込まれエイダがGウイルスと共に奈落の底に落ち研究所の自爆カウントが開始。

10分以内に研究所が自爆するのでエレベーターを下り道中モニターでクレアの生存を確認するも急いで脱出へ・・・だがタイラントも追ってきて降下するリフト内でタイラントとの最初で最後の一騎打ちに挑みます!

来いよタイラント!!

アイテムボックスに保管していたのでG戦では使えなかったマグナムも投入しタイラントを攻撃するもかなりのタフさを誇り遂にアイテム欄から弾が枯渇・・・弾が切れ詰みの一歩手前まで追い詰められますがどこかしらからロケットランチャーが投入されタイラントをなんとか撃破!!

最後に列車に乗りクレアと合流しスタッフロールが流れレオン表編をクリア!!

あのGがあっけなく最後を迎えたとは思えない・・・

感想

今回も難易度を優しめで裏編も遊ぶと次に配信するゲームに中々進めなくなってしまいますので表編だけになりますがとりあえずレオンの物語は無事エンディングまで到達出来ました!

しかしレオン編でGは第三形態まで出現せずレオンとクレアの裏編では第五形態がラスボスとして登場するらしいのですが第四形態は次回から始まるクレア編で??

タイトルとURLをコピーしました