列車でGOロシア編 各駅停車オーロラ号【メトロエクソダス配信後記】

スポンサーリンク
ゲーム

今回の記事から始まるゲームは核戦争後のロシアで生存者が5万人しかいない地下鉄のトンネルと荒廃した地上を主人公アルチョムが限られた装備を駆使して潜入するFPSであるメトロシリーズの最新作メトロエクソダス

前回の記事で完結した比較的放牧的な世界観のライフイズストレンジ2とは違い陰謀と怪物と汚染の脅威に晒される世紀末世界で逞しく生存してやりますよ

スポンサーリンク

前作から一年後の2035年

前作メトロラストライトの激戦を生き残ったアルチョムは地下都市を守る治安組織オーダーから抜け生存者を求めて危険な地上へ足を運ぶ日々を送り今日もあてもなく生存者を見つける為に薄暗いチュートリアルステージ的な地下を探索するアルチョム

一通りゲームシステムを覚えたら巨大な怪物に襲撃されいきなり殺されそうになりますがオーダーの精鋭チームスパルタンに助けられ本拠地に強制送還、妻であるアンナに心配され義父の司令官ミラーに怒られ意気消沈

治安部隊オーダーの司令官ミラーとミラーの娘でアルチョムの恋人アンナ 

怒られつつも仲間のスパルタンチームに慕われアルチョムは幸せ者ですね・・・

が一週間後今度はアンナを連れ地上へ生存者探しに。しかしいつも通り何も収穫が無く帰還してる途中で線路を走る列車に遭遇!更に仲間に保護された生存者とも合流しアンナと共にトラックで連行されます

カメラ持ってくれば良かったです

トラックが止まり仲間が何故か生存者を殺そうとするので阻止しようとするアルチョムですが一発撃たれ撃ち殺された生存者と一緒に道端に捨てられアンナと離れ離れに

メトロシリーズは他のFPSゲームとは異なり弾や地上を探索する際に消費するフィルターの量が限られ資源が枯渇しないようアイテム管理に注意しなきゃいけないので弾を無駄にするようなランボープレイをしたい欲求を極力抑え武器装備は全て現地調達、不屈の闘志を燃やし列車が格納されてある敵陣に潜入するアルチョム

出来ればライトマシンガン撃ってドンパチやりたいのですが

盗んだ列車で走り出す

意気投合した操縦手のイェルマークの協力も得てアンナを救出し敵の司令官に尋問するとどうやらここは大規模な通信妨害装置が設置されてある通信施設みたいで核戦争でロシアが荒廃した後も数十年間密にモスクワ付近の通信を妨害して海外にいる生存者との通信を遮断してたようです

アルチョムの予想通り地上にも大勢の生存者が 日本の秋田県辺りにも反応がありますね

通信施設から列車を強引に強奪し脱出するもミラーが列車内に突入し捕まってしまいます

ミラーは地上に生存者が生きていた事をアルチョムと皆に隠してたようでアンナが問い詰めるも敵側の警備車両に追いつかれ大ピンチ!

捕まったら確実に処刑されるので攻撃される前にミラーが時間稼ぎしてアルチョムが警備車両に飛び乗り爆弾を設置し敵の列車を爆破!!やる事が派手だねぇ

この先列車が揺れますのでご注意下さい

家に帰れなくなったミラー率いるスパルタンチームと共にかつてモスクワ政府が立ち上げた戦後復興計画の為の集合地点であるヤマンタウ山を目指してオーロラ号と名前を付けた列車が爆走

が!ヴォルガ川の橋にて生存者が作ったバリケードに激突し列車が壊れ身動きがとれなくなるトラブルが発生、アンナとアルチョムは生存者のコミュニティーを探すべくヴォルガ川付近を探索する事に

寝台列車での旅って・・・憧れますよね

感想

さあ遂にオーロラ号に乗って終着駅であるヤマンタウ山に向けてのロシア横断がスタートしました

前作メトロラストライトと同じ今作もマルチエンディングだとしたらバッドエンドもありえますがアルチョム達は生存者を求めて世紀末で戦い抜く事が出来るのか!?ヤマンタウ山でたどり着いた先に何が待ち受けているのか!?今後の展開が楽しみです

本日はメトロエクソダスの記事を閲覧下さりありがとうございます。各駅停車ヤマンタウ山行きです。次はヴォルガ川、ヴォルガ川です

タイトルとURLをコピーしました