【死にまくっって強くなる】ダークソウル3【配信後記前編】

スポンサーリンク
ゲーム
ゲーマーとプログラマーの真剣勝負の始まりである!!

ということでパラメータを文章力に振ってない僕がブログなんてものを書いてみました記念すべき初投稿の記事です

先日youtubeでライブ配信したダークソウル3の振り返り、おさらいと配信中に考えてた事や感想を備忘録を兼ねて書いておきます

ダークソウルシリーズ3作目の今作はいつかやりたいと思っていたけど僕のような効率度外視な半人前ゲーマーが配信するとエンディングのスタッフロールを見てdlcをクリアするまで1か月はかかるのでなかなか手が出せなかったけど久しぶりにライブ配信するし骨太でやりがいのあるっつーんですか、なんというか心が折れるっつーんですか・・・これはあくまで例えですが山盛りのラーメンを諦めないで食べきる事、ゴールする事で謎の達成感に満たされる・・・!!そんな感じのゲームを遊びたかったので買いました!

っという訳でダークソウル3初プレイ。まずは映画みたいな壮大なムービーが流れストーリーを進めると戦う事になるであろうボスみたいなクリーチャー3体が紹介されます

なんか強そうな蛇みたいな奴 黒い液状の姿でかっこいい

まずは1体目、深みの聖者エルドリッチ。聖者と言われているが見た目がおどろおどろしくてむちゃくちゃ強そうで僕にとっては悪魔です

初見の僕がムービーを見て推測する限りでは黒い液体でいろんな姿に変身したり生命体に寄生しそうで妄想が捗ります

騎士っぽい人たち 赤い防具がおしゃれ

次は2体目、深淵の監視者達ファランの不死隊。ムービーから確認出来る限りでは3人いるんですね・・・3対一になりそうで心が折れそうです

過去のトラウマ、ダークソウルリマスターでも四人の公王という4対一で戦ったボスがいたのを思い出しました

巨人です デカい

3体目の罪の都の孤独な王巨人のヨーム。巨人と言われてるだけすんげーデカい大剣を持ってるすんげーデカいですさらに燃えてるんですかこれ?!

一対一の無骨な真っ向勝負で戦えそうで今のところ僕の中では高評価を得ている巨人です

紹介ムービーが終わったら次はキャラを作ります

まず名前はfived性別は男、年頃は確かキャラの性能に関係なかったような気がしますが若年

見た目はあまり重視しない僕にとってはここからが大事なプレイスタイルを決めるポイント!素性は今回かっこいい火球を投擲出来る呪術を中心に戦う呪術師で死にまくりたいので辺境からの旅人と書いてある呪術師!魔術師とか聖職者とかよくわからないけど強そうな素性もあったけどとりあえず呪術師で!!

そして副葬品を決めますが9種類あるなかで何を選べばいいか分からない!よくわからん!!当時は適当に主なきソウルを選んでしまったが冷静に今思えば最大HPを増やす生命の指輪を貰うべきだったかもしれない・・・

顔つき体格と外見の詳細はいじらずにデフォルトでこれでキャラ完成!!

呪術師を選択したので斧と小さい盾を装備 着てる服にモフモフの羽が付いてて見た目がインディアンのシャーマンみたいで素敵ですね

キャラクターを作り終えたらプレイヤーが棺桶の中から立ち上がってゲームスタート

装備は呪術師の初期装備であるハンドアクスを右手に左手に双蛇の円盾と触媒の火球が放てる呪術の火、防具は呪術師の頭冠と上衣に腕帯それにズボンと最低限の安全は確保出来るまずまずの武装と出で立ち

それと回復用のエスト瓶も3個所持で裸一貫の持たざる者に比べたら呪術師の初期装備は結構贅沢だと思って僕としては十分満足してます

このステージを訪れた時にエリア名が表示されるこのお馴染みのフォントに心惹かれます

次回は灰の墓所に始まりロスリックの高壁からたいまつを買いに祭祀場に戻ってくるまでを記事にします

後編に続きます

タイトルとURLをコピーしました